ちょっと気になる会員のお店

メガネのヤマデラ (株)ヤマデラ



  
●豊中の地で70年!親子・三世代で愛される眼鏡店
阪急曽根駅下車すぐ、ダイエー曽根店のすぐ北で営業する「メガネのヤマデラ」さんは、今年で創業70年を迎えます。
初代が「山寺時計眼鏡店」として昭和22年に、同じく阪急曽根駅のすぐ近くで創業、昭和46年に駅前再開発で現在の場所に移転しました。また、平成2年には法人化し、この時から現社長の山寺 宏昌さんが代表を務めています。
70年間ほぼ同じ場所ということもあり、お客様の大半は半径3キロ以内と非常に地域に密着した営業を続けられています。
親子でのお客様はもちろん、三世代にわたってメガネのヤマデラさんで眼鏡を作り、メンテナンスをお願いしている、という方も多いそうです。



●長く快適に使ってほしいからこそ、のこだわり
現在、お店は山寺さんご夫妻で運営されていますが、お二人とも公益社団法人日本眼鏡技術者協会の「認定眼鏡士」資格を持っており、確かな知識と技術で「使用し続けても疲れず快適」な眼鏡を提案します。たとえば「遠近両用」と一口に言っても、遠方・中間距離・近方の見える位置のバランス、レンズのフレームとの相性、その人のライフスタイルなど、千差万別。そのため、メガネのヤマデラでは、きめ細やかにヒアリングしてレンズを選び、レンズを合わせたあとも実際に歩いてもらうなど体験してもらうことで「かけた瞬間に気づかなかった違和感」も取り除いて、快適に眼鏡を使っていただけるようにじっくりと調整します。
また、フレームのラインナップにもこだわっています。日本のメーカーが細部までこだわって作った、かけて軽く心地良いフレームとデザイン性が特徴の「ラインアート」、フランスで100年以上の歴史を持つブランド「lafont(ラフォン)」、眼鏡産地として有名な鯖江で企画・デザインから製造まで行っている「Perfect Number(パーフェクトナンバー)」、その他、「一味違う」フレームがそろっています。

今後の展開について
メガネのヤマデラさんのモットーは、「ビジョンケア(メガネでお客様に快適な見え方を提供すること)を通して、お客様に喜びを感じていただき、豊かな毎日を送る手助けとなれるように努めること」。
特に、最近は電子機器の高度化や生活環境の変化など、以前より目への負担は大きくなっており、環境に合わせ一人一人に合わせた丁寧な調整が必要になっている、とのことです。
眼に関することでお困りの際は、豊中曽根の地で70年にわたり地域密着できめ細かなサービスを提供している「メガネのヤマデラ」さんにぜひご相談ください。

メガネのヤマデラ (株)ヤマデラ

■代表者名 山寺 宏昌
■所在地 豊中市曽根東町3-2-1-105
■TEL・FAX 06-6862-0497
■事業内容 眼鏡販売
■営業時間 10:00~19:30/火曜休
BACK NUMBER

このページをシェアする

<お申込み・お問い合せ先>

豊中商工会議所  〒561-0884 豊中市岡町北1-1-2
TEL 06-6845-8001

その他情報

読込み中です...しばらくお待ち下さい