豊中商工会議所の「セミナー情報」

ドローン活用セミナー

新成長分野に乗り遅れるな!
~ 急拡大するドローン活用ビジネス最前線~

ドローン活用セミナー

 昨年12 月に改正航空法が施行され、小型無人飛行機「ドローン」の利用に関する条件や飛行場所、申請手続などのルールが明確になったことにより、ドローンを産業分野に利用しようとする動きが本格化しており、国内のドローンビジネス市場は、2020 年度に1,138 億円を超えると予測されています。 特に、土木測量や施設点検、工事現場管理、防災管理など建設業において、劇的なコストダウンと工期短縮効果が期待できるドローンの活用が急速に広がっていることから、本セミナーでは建設業を中心に様々な活用事例を紹介しながらドローン技術の最新動向や展望および、能勢町に開設されたドローン飛行訓練施設「能勢高原ドローンフィールド」の活用による、ドローン活用ビジネスへの参入に向けた支援体制について解説いたします。
 

9/9(金) 開催スケジュール
13:00 受付開始 / 淨るりシアター研修室

13:30 第1部 講演
①国交省「i-Construction」政策を支える建設業のドローン活用技術
 講 師: 建設IT ジャーナリスト 家入龍太氏
②マルチコプターの安全な産業利用と法規制対応について
 講 師:(一社)日本マルチコプター安全推進協会 理事長 上田直生氏
③土木測量および災害対応と防災管理におけるドローン活用事例について
 講 師: ㈱アミューズワンセルフ CTO 冨井隆春氏
④「能勢高原ドローンフィールド」におけるドローン活用支援について
 講 師: ㈱ふるさと創生研究開発機構 代表取締役社長 柚木健氏

「能勢高原ドローンフィールド」へマイクロバスにて移動

15:30 第2 部 デモフライト見学
⑤デモフライト・解説・質疑応答
 ㈱ふるさと創生研究開発機構、能勢町マルチコプター倶楽部(NoMuC)、
 ㈱アミューズワンセルフ、(一社)関西ドローン安全協議会(DSO)
 ※ブース出展予定: JMSA、㈱アミューズワンセルフ、DSO、㈱ふるさと創生研究開発機構

16:30 閉会 

マイクロバスにて移動

17:00 解散 /淨るりシアター前

※進捗状況により、講座時間を多少延長する場合がありますので、ご了承ください。
※当日は、屋外でデモフライト見学・操縦体験を予定していますので、お持ちの方はヘルメット、ゴーグルを持参のうえ、動きやすいクールビズ・スタイルでご参加ください。
※雨天の場合は、デモフライト見学を旧小学校体育館で行います。


対象者
土木測量・設計、施設点検・メンテナンス、工事現場管理、防災管理など、ドローン技術の活用に興味がある中小業・小規模事業者等。

受付(集合)場所
「淨るりシアター」研修室  (大阪府豊能郡能勢町宿野30番地)
アクセスマップは「関連URL」参照

★お申込み締切: 9/5(月)【先着順】
 

講師プロフィール・講演予定内容
建設IT ジャーナリスト 家入 龍太 氏  http://ieiri-lab.jp/
講演予定内容 :「国交省「i-Construction」政策を支える建設業のドローン活用技術」
国土交通省は今年度から社会インフラの設計、施工、維持管理にドローンや情報化施工、3D モデリングなどの情報通信技術を積極的に活用する「i-Construction」政策を始めた。そのきっかけとなった「CIM(シム。コンストラクション・インフォメーション・モデリング)」とは何か、建設業におけるドローン活用の実態、そして建設産業の生産性向上の本質はどこにあるのかを、豊富な実例に基づき解説する。

(一社)日本マルチコプター安全推進協会 理事長 上田 直生 氏  http://jmsa.or.jp/
講演予定内容: 「マルチコプターの安全な産業利用と法規制対応について」
マルチコプターの安全な産業利用の推進を目的に設立された団体として、基本的な操縦スキルの体験・技能確認に加え、安全に適法に運用するための知識に重点を置いた「安全運用講習会」を全国8 か所( 能勢2016 冬実施予定) で開催し、『安全運用講習会修了証』を発行。改正航空法により、空港等の周辺の空域や人口集中地区の上空を飛行させる場合や、夜間や目視外等において無人航空機を飛行させる場合等に必要となる、許可・承認の申請手続や安全対策について解説予定。

(株)アミューズワンセルフ CTO 冨井 隆春 氏  http://amuse-oneself.com/
講演予定内容: 「土木測量および災害対応と防災管理におけるドローン活用事例について」
現在、ドローンによる測量の多くはSFM 技術による写真測量で使われている。非常に手軽な技術ではあるが、基本的な知識がないと精度を確保できないということを、成功・失敗事例を挙げて紹介する。また、高精度GNSS で撮影位置を高精度に定位した場合の事例や、今後主流になるであろう、ドローン搭載型レーザースキャナシステムの紹介を予定。さらに、災害時におけるドローンの用途は幅広くあり、平時とは異なる運用を求められる。長距離フライトを始め、強風化/ 悪天候下/ 夜間フライトの運用方法について、御嶽山など実際の事例を交えて紹介する。また、災害が起きてからドローンを活用するだけでなく、平時の監視における利活用の重要性についても触れる。

(株)ふるさと創生研究開発機構 代表取締役社長 柚木 健 氏    http://www.nomuc.jp/ (能勢町マルチコプター倶楽部)
講演予定内容 :「能勢高原ドローンフィールドにおけるドローン活用支援について」
大阪府能勢町に開設したドローン飛行訓練施設「能勢高原ドローンフィールド」の紹介および運用とサポート体制について説明。(一社)日本マルチコプター安全推進協会(JMSA)、(一社)日本UAS 産業振興協議会(JUIDA)に加盟する(一社)関西ドローン安全協議会(DSO)、能勢町マルチコプター倶楽部(NoMuC) 等とも業務提携し、初歩的なドローン体験講座から各団体認定ドローンオペレーター養成講習会まで幅広く対応。さらに、豊中商工会議所とも連携して展開する空撮、土木・測量、点検、防災、農業、林業、警備・監視など各種産業分野におけるドローン活用ビジネス支援事業を紹介予定。

主 催: 豊中商工会議所 建設業部会、能勢町商工会
後 援: 国土交通省近畿地方整備局、経済産業省近畿経済産業局、大阪府池田土木事務所、豊中市、能勢町
協 力: 豊中建設業協会、大阪府池田土木事務所管内さつき会、(一社)日本マルチコプター安全推進協会(JMSA)、㈱アミューズワンセルフ 、(一社)関西ドローン安全協議会(DSO)、㈱ふるさと創生研究開発機構、能勢町マルチコプター倶楽部(NoMuC)
ドローン活用セミナー
講師 ・建設IT ジャーナリスト 家入 龍太 氏
・(一社)日本マルチコプター安全推進協会 理事長  上田 直生 氏
・(株)アミューズワンセルフ CTO 冨井 隆春 氏
・(株)ふるさと創生研究開発機構 代表取締役社長 柚木 健 氏
開催日時 2016年9月9日(金)
13:30~17:00(予定)
開催場所 淨るりシアター研修室/能勢高原ドローンフィールド
受講料 会員 無料
一般 無料
定員 40人
備考 ※お申込み多数の場合は、事業の性格上、大阪府内の中小企業者様を優先させていただく場合があります。
関連URL http://jyoruri.jp/access.pdf
受付が終了しました。

このページをシェアする

<お申込み・お問い合せ先>

豊中商工会議所  〒561-0884 豊中市岡町北1-1-2
TEL 06-6845-8001

その他情報

読込み中です...しばらくお待ち下さい