豊中商工会議所の「セミナー情報」

「ふるさと投資」最前線 in 能勢町

地方の中小企業が、全国にファンを創れる仕組みがここにある

「ふるさと投資」最前線 in 能勢町

地方創生の流れを御社のチャンスに!
応援される企業になる仕組とは?

国が進める「地方創生」の流れを受けて、一躍注目されている「ふるさと投資」。地域資源の活用やブランド化など、地方創生等の地域活性化に資する取り組みを支えるさまざまな事業に対するクラウドファンディング等の手法を用いた小口投資のことで、地域の自治体や地域づくり団体の活動と調和が図られたものを指します。この度、内閣府地方創生推進室の「ふるさと投資連絡会議」においてアドバイザーを務めておられる、早稲田大学総合研究機構研究院客員教授の赤井厚雄さんをお招きし、「ふるさと投資」の仕組、国の地方創生との関連性、全国の事例など、これから本格化する地方創生におけるふるさと投資の最新情報をお届けします。会場は、大阪が誇る地域資源の宝庫、「能勢町」。大阪の地方創生を、まさにここから仕掛けます。
■ 対象 : 主にBtoCの製品・サービスを扱う中小事業者等
■ 主催 : 豊中商工会議所・能勢町商工会
■ 共催 : 箕面商工会議所・池田商工会議所・豊能町商工会
■ 後援 : 能勢町・豊能地域活性化推進協議会
「ふるさと投資」最前線 in 能勢町
講師 赤井 厚雄(あかいあつお)
■内閣官房・ふるさと投資連絡会議 アドバイザー
■早稲田大学研究院客員教授(総合研究機構)
■ミュージックセキュリティーズ(株)取締役(地方創生担当)
1987年慶應義塾大学法学部卒業後、三菱銀行(現・三菱東京 UFJ銀行)入行、米国投資銀行 Kidder Peabody & Co.(1992-1994)を経て1994年にモルガン・スタンレー(米国本社)入社、2003年にマネージングディレクター(クレジットプロダクト副本部長、証券化資本市場部門アジア統括責任者等)、モルガン・スタンレー・グループ (持ち株会社)上級顧問を歴任。2013年東京大学EMP修了。内閣官房・ふるさと投資連絡会議アドバイザーの他、国の政策に係る役職多数歴任。著書に『ふるさと投資のすべて:金融システムを変える地域活性化小口投資』(金融財政事情研究会 2013年 4月)、『ふるさと投資ファンド:意欲のある中小企業が資金を得る仕組み』(共著、慶應義塾大学出版会、2013年3月)など多数。
開催日時 2015年12月11日(金)
14:00~16:00
開催場所 浄るりシアター 研修室/豊能郡能勢町宿野30
受講料 会員 無料
一般 無料
定員 30人
備考 ※お申込み多数の場合は、事業の性格上、大阪府下の中小企業者様・起業予定者様を優先させていただく場合があります。
※会場については関連URLをご確認ください。
関連URL http://jyoruri.jp/access.pdf
受付が終了しました。

このページをシェアする

<お申込み・お問い合せ先>

豊中商工会議所  〒561-0884 豊中市岡町北1-1-2
TEL 06-6845-8001

その他情報